丸に違い鷹の羽
ホーム
教室案内
1日レッスン
短期集中4回講座
充実の全8回講座
実りの全20回講座
寿司板前本格コース
受講者様の感想
よくある質問
寿司日本橋
QRコード
寿司職人板前養成コース

重要なお知らせ


本気でプロの寿司職人・板前を目指す方必見!

8回コース・20回コースを経験後、更に高みを目指して学びたい。
20回コースを複数回受講したが、もっと多く、より以上を学びたい。
既存のコースではなく、最初から本格的なプロの板前を目指したい。
etc・・・

そういった皆さんを対象とした 寿司職人・板前養成コースのご案内です。

※このページは、あえて「旨そうな寿司」の写真で装飾を施しておりません。
 本気でプロの寿司職人を目指す方は、じっくり読んで趣旨をご理解下さい。


すし板前 本格コース

回数は、基本的に概ね50回〜80回、期間は、概ね三ヶ月〜半年ほどですが、
ご本人のご希望や、ケースバイケースで、それ以上になることもあり得ます。
また、一日につき「二時間」の実習になりますので、「忍耐力」も必要です。

ちなみに、この寿司職人養成コースは、最初から設定したコースではありません。

したがって、今ご覧のこのページも、サイト公開当初からあったページではなく、
数年経過した後に新たに追加したページになります。
つまり、最初からプロ志望の人もいるというニーズを見越していたわけではなく、
結果として多くのニーズがあったために新設したコース及びページになります。


寿司屋の修行というものは、昔は若くして入店し、下働きを長く努めた後に
ようやく魚に触れるものでした。
当然私も、そのようにして修行したおかげで「今」があります。

しかし、時代は移り変わり…
そこらの兄ちゃんが握った寿司が宅配という形でデリバリーされる。
あるいは、兄ちゃんどころかロボットが握った寿司が当たり前の様に流通する。

今はそんな時代ですから、
必ずしも昔ながらの「丁稚奉公」みたいな修行が最善とも言い切れない…
そういった時代になったのかもしれません。

また、修行期間の長さ = 腕の良さ苦労の度合い = いい仕事
とは必ずしもいえません。
現実は、昭和チックな根性もののドラマ仕立てとは違うのです。

コツを覚え要点をつかみ、目と舌を肥えさせる。
それができれば、下積みと根性は、ある程度省略可能です。

しかし、一つだけ「要領」だけでは越えられない壁があります。

それが 頭ではなく体で覚える というプロセス。

従って、このコースには日程表=予め決められたその日の課題が存在しません。
また、明確な期間も存在しません。

今日は鯛を下ろして、明日は蛤の吸い物を作るみたいな、
そういう過程を事細かに100日分も作ることは無理ですし、意味を為しません。


このコースで行うことは・・・


「反復」


そうです、反復・反復の連続なのです。


もちろん、既存のコースの最長である 20回コース の内容はすべて学びます。
そしてそれ以上のことも当然ながらやります。

たとえを挙げれば…
20回コースにオーソドックスな蝦蛄(シャコ)やタコはありません。
しかし、板前として独り立ちした時に「蝦蛄が剥けない」「タコがさばけない」
では困るでしょう?
また、さばけるだけではだめで、美味しく調理できなければいけないし、
それ以上に個々の素材の「旬」や、本当の「旨さ」を知る必要があります。

蝦蛄(シャコ)やタコは、あくまで一例です。
他の魚や貝にしたって然り。ひとつひとつ素材には個性がありますから。

素材を知り、味や旬・旨さやその引き出し方を知る。
そういう諸々を学ぶのがこのコースの趣旨であり、そのため日程表がないのです。
また、前述の通り、目安はあってもはっきりとした期間もありません。


それは例えば・・・


寿司屋の湯飲みで、魚の字がたくさん書いてあるのを見たことがありませんか?
よく、「これは読める!」「これは何て読むんだろう…?」などと言いながら、
お寿司を待つ間楽しむ、そう、あの「湯のみ」です。

相当数の魚が書いてありますが、寿司ネタはアレだけではありません。
その膨大な数の素材について、全ての「味を」「旬を」「調理の仕方を」・・・
全部教え込むのは無理ですが、
やる気があるなら限りなくそれに近づくまでお付き合いしましょう。
そして教え込みましょう。

そういう趣旨で、明確な期間は定めておりません。


もちろん全てを知る必要はないかもしれません。
応用も利けば、要領も使えますから。

しかし、あなたがいつかプロの板前として板場に立ったとき、
困らないようにしてあげるのがこのコース。

それにはとにかく、量をこなすことは不可欠で、
イコール、「反復・反復」の連続になるわけです。

だって、
昔に比べりゃ驚くほど短期間にプロデビューするカリキュラムなんですよ?
教える側も必死だし、教わる側はなお必死でやってもらわないことには…
何も身につきません。


さて、そろそろ能書きは終わりにしますが、
「寿司屋には定年が無い」とよく言われます。

それは板前といってもチェーン店の社員であれば当然定年はあるでしょう。
しかし、個人店ならば自身が辞めたいときが定年で、それまで定年はありません。
また、腕が良ければ、ある程度の年齢になっても仕事に困ることもありません。

このコースを希望する方は、趣味の延長ではないでしょう。
恐らく全員が全員、プロの板前を目指す方ばかりです。
その期待に応えますが、ひとつだけ条件があります。


それは、あなたと私の相性。


期間も長く、回数も多ければ、一緒に過ごす時間も長いものです。
あなたが私を嫌いでも、私があなたを嫌いでも、やっていくのは難しいでしょう。

私は最善を尽くしますが、なにしろ期間が長期に亘るため、
ある程度は「馬が合わない」と、良い授業はできません。
だから直接面談の上、受講いただけるか否かを決めさせてください。

言っておきますが、私は嫌な奴ではありません(笑)
でも、愛想たっぷりの商売人でもありません。
まぁ、一般にイメージする寿司屋の親父程度に捉えてください。

直接面談といっても、何も堅苦しいものではありません。
入社や入試の面接でもないのですからお気軽に。
顔合わせといったイメージでけっこうです(笑)


それでは板前になりたい方はお気軽にご連絡下さい。
電話は 03-3541-3530 です。
ただし、最後にもう一度・・・


回数は50回から80回、期間は三ヶ月から半年、
場合によってはそれ以上になることもあり得ます。
一日二時間の実習になりますから忍耐力も必要です。
でも、頑張って乗り越えれば・・・
寿司職人・板前としての道が開けるでしょう。


皆さんのご参加を心よりお待ち申し上げております。
                講師 浅井隆司

※シャイな性格なので(笑)写真はわざとボカシテますが大体こんな感じの男です。↑


料金等は、以下のバナーより、次のページでご説明しております。
基本的なレッスン単価は同じですが、他の短期・中期コースとは違い、
受講に必要なものや、別途必要になる金額等も記載しております。
ここまで読んで下さった前向きな方は、ぜひ次のページもご覧下さい。

講師浅井からもう一言本気で寿司職人を目指す方に 

 

外観

レッスン時間帯

12:00から14:00まで
全ての曜日が同じ時間帯です。


受講申し込み・お問合せ03-3541-3530

 

寿司日本橋 すし教室

東京都中央区築地7-15-11
電  話:  03-3541-3530
携帯電話:090-3607-5000
教室へのアクセス(交通・最寄駅)
コースのご案内
1日レッスン
短期集中4回講座
充実の8回講座
実りの20回講座
板前本格コース
すし教室日本橋
ホームページ
教室のご案内
受講者様の感想
よくある質問
寿司日本橋
COPYRIGHT(C) 寿司日本橋 すし教室 ALL RIGHTS RESERVED.

PAGE TOP